~ 雑穀アドバイザーの「べじ:野菜&つぶ:雑穀&まめ」な日日綴り ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮川香山展

  201607宮川香山

 東洋陶磁美術館で開催されている「宮川香山」展に行って来ました。
 
 この方、明治時代の名陶工で、出身地の京都から横浜に移り
 眞葛窯を始め「高浮彫」という技を生み出し、
 実際に作品を観ると「どうやって作ったのか」と思うものばかりで、
 先人の技に驚嘆。

 撮影許可されている作品もあって、その一部。↓
 表の手の込んだ細工だけでも十二分に美しいのですが
 側面のくぼみに蛙が・・・・
 
  201607宮川香山作品1

側面拡大すると・・・
  201607宮川香山作品2
 蛙の動きや表情の豊かさに再度驚嘆

 今年は没後100年で各地で特別展が開催されていますが、
 横浜市の「宮川香山眞葛ミュージアム」で作品を観れるそうです。
 機会があれば、是非~。
スポンサーサイト

雨にも風にも・・・

20160723バターナッツ3兄弟
雨にもマケズ、風にもマケズ、頑張りました、バターナッツたち。
ネットがけもしておりましたが、3兄弟育っております。

で、

20160723菜園収穫
一番育ちのよいものを収穫しました。
写真では解りにくいと思いますが、バターナッツには縦に緑線が入っており
線が消えたら(緑でなくなったら)、熟した印だそうで、
まだ緑線が残っているので、このまま追熟させます。


今週も無事に・・・。

201607菜園バターナッツ2個
この週末にかけても、なかなかの暴風雨だったので
心配していましたが無事でございました、バターナッツ3兄弟。
(写真は2兄弟しか写っていませんが・・・)

201607菜園バターナッツこども
枯れた花がついているもの、もう花は落ちているものなどありますが、
この小さな実も育ってくれたら、嬉しい限り。

夏の定番ごはん

    201607こーんご飯

  とうもろこしの時期がやってくると、必ず作るごはん。
  シンプルに生のとうもろこしの実に塩、酒を加えて炊きますが
  とうもろこしの芯も入れて一緒に炊くのがポイント。
  芯からも旨味や香りも出て、より美味しくなります。
 
  今月の教室でもご紹介しています。


今週の収穫 枝豆仲間入り

20160710菜園収穫ー01

今週の収穫野菜です。
大きめの米なすとモモタロー(トマト)が採れ、
枝豆(写真一番下)も

トマトは虫に食べられていたものも多かったので
ほんとは真っ赤に熟すまで置いておきたい気持ちを抑えつつ
少し青めのものも収穫。
傷まないうちに、ガスパチョやマリネサラダ、
トマトソースなどにしていただきます。

野菜ソムリエ協会のセミナー 

「朝の一杯」っていろいろありますよねー
お好みでコーヒー、紅茶、ミルクに野菜ジュース、スムージなどなど。
でもきっと皆、「少しでも身体にいいものを」っていう思いは同じはず。
今回参加させていただいた野菜ソムリエ協会主催のセミナーは
そんな思いに応えてくれるものでした。

内容は「野菜果物ジュース 徹底検証!」と題し、
クビンスさんの機器を使って比較できるというもの。

20160705-0001.jpg
使用する機器は高速ジューサー、ホールスロージューサー、
業務用ホールスロージューサーなど。

講師の植木ももこ先生と小磯先生のご紹介後、
「なぜジュースを飲むのか ~
 健康のために飲むのだから、効率的に栄養が摂れ、美味しいものを」とのお話しからスタート。

まずはトマト(ジュース&スムージー)での比較。

ジュース(高速ミキサー)
20160705-0101.jpg 20160705-0102.jpg

スムージー 
20160705-0301.jpg 20160705-0202.jpg

コールドプレスジュース
20160705-0402.jpg 20160705-0405.jpg

見た目も違いますが(不鮮明な写真でごめんなさい。)
味にも違いがあり3つとも食感の差はありながら美味しいのです。
が、コールドプレスジュースは自家菜園で収穫後、
すぐ食べるトマトと同じ味でびっくり!!!
後味もよく、フレッシュですっきりした飲み心地です。

違いは栄養面でもあり、コールドプレスジュースは
低速で作るため、熱の影響や酸化されることが少なく、
食材の酵素が多く含まれているそうです。
ただ、コールドプレスジュースを作ると材料の絞りかすが出て
「勿体ない」気がしますよね。
でも、ハンバーグやミートソースに混ぜるなど再利用法も教えていただいて、
これはそのひとつ。
20160705-0406.jpg
小磯先生作の絞った後残ったトマトをグリルで焼き、バルサミコ酢、オイル、塩で味をつけたもので、
美味しくいただきました。

トマトのあとは、
「りんご+人参+小松菜+レモン汁+オイル」のグリーン系ジュースでも比較。
20160705-0501.jpg 20160705-0503.jpg

20160705-0504.jpg 20160705-0505.jpg

いろいろと試食させていただいた後、植木先生から栄養に関するレクチャー。
漢方に絡めてのお話しは興味深く、ふむふむと納得できることも沢山あって、
とても勉強になりました。

そして、最後に一人ずつ、ホールスロージューサー使っての
人参とオレンジのコールドプレスジュース作り。
作ったジュースはクビンスさんのオリジナル容器&カバーに入れいただいて、
お持ち帰りです。クビンスさん、ありがとうございます!!

今回同じ材料で作っても機器によって違うが実感できましたが、
共通の注意事項は「作りたてをすぐ飲むこと。」
ちなみに高速ジューサーで作ったジュースを置いておくとこんな状態に・・。
20160705-0103.jpg

セミナーを終えて、印象的だったのはコールドプレスジュースですが、
繊維質を多く摂りたい方は高速回転で作ったものが適しているかもしれず、
その中でもジュースもスムージもあります。
(はじめの先生のお話しに繋がりますが)「ジュースを飲むときの最重視点」を決めて
それを満たす機器を選ぶのがポイントだと思います。

今回のようにじっくりと機器での飲み比べの機会はあまりないので
とても貴重な時間でした。
野菜ソムリエ協会の方々、丁寧に教えてくださった先生方、
ありがとうございました。

自身の教室でも紹介していきます。

いよいよ夏本番 7月の料理教室

201607菜園収穫1

菜園全体の緑の濃さと比例し、野菜たちもどんどん育っています。
今週の収穫物も色鮮やか。

暑い中での収穫、
トマトをつまんで食べると自然な甘みと水気で生き返ります。

切ってみると ジューシーさが伺えます。
201607トマト断面

今月のお料理教室は「初夏のブランチ」をテーマに
この野菜たちをたっぷり使ったメニューをご紹介します。
今月はまだ若干空きがありますので、
ご興味ある方はご希望日時などご連絡ください。

教室に関するお問い合わせ等こちら
野菜ソムリエ協会認定料理教室 「べじつぶさろん」をご参照いただくか
vegetsububean@gmail.com まで
お願いします。
プロフィール

vegetsubu

Author:vegetsubu
・ひょうご丹波黒まめ大使
・野菜ソムリエプロ
・雑穀アドバイザー
・発酵食スペシャリスト
・介護食士2級
野菜・雑穀・豆・発酵食を使った
料理教室を主宰。
生活に寄り添った「食冶」で元気に!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。