~ 雑穀アドバイザーの「べじ:野菜&つぶ:雑穀&まめ」な日日綴り ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいCafeに。

    20170706ディーンデルーカ

   よく利用させていただいているディーン&デルーカさんの
   新店プレオープンのお知らせをいただいたので、友人と訪問。
   
   新店はカフェ中心で、メニューはDELIとパン、スイーツ、ドリンクなど。
   その中で冷たいDELI2品+温かいDELI1品の「DELI BOWL(S)」にし
   ライスに、レッドパプリカと海老のガーリックマリネ、豆のサルサ、
   デミグラスチーズミートボールをチョイス。 
   (メニュー名、間違っていたらごめんなさい。)
   ドリンクはコーヒー、紅茶などセットに出来るものもありましたが、
   フレッシュパイナップルジュースが美味しそうだったので、
   こちらを。
   
   たぶん、DELIの内容は変わっていくと思うので、
   今度伺ったら、どんなDELIになっているか楽しみです。    
スポンサーサイト

東京のおひるごはん 夏verその2

前回に引き続き、東京のおひるごはん。
山形・庄内イタリアンで有名な奥田政行さんのお店で、
東京の山形県アンテナショップの2階にあります。

ランチコースをいただきました。
 山形イタリアン1 
 山形の野菜のバーニャーカウダ  
   ソースがカリフラワーのペーストで作られていて、とてもまろやか。
   野菜そのものを引き立てるお味。

 山形イタリアン2
 フルーツトマトのカプレーゼ
   とにかくトマトが甘い!!
    
 山形イタリアン3      
 イカ墨のパスタ                 
   イカ墨のソースでなく、パスタ自体にイカ墨が練り込んであります。

 山形イタリアン4
 山形牛の網焼き 野菜添え
   赤身のお肉の美味しさが味わえます。
  
 上の4品に、ドルチェと食後の飲み物がついてきます。
 勿論、まんぷく。。  

東京のお店でも十分美味しかったけど、山形の本店に是非とも行ってみたい

ヤマガタ サンダンデロ
http://www.alchecciano.com/san-dandelo.html

東京のおひるごはん 夏ver

東京のおひるごはん。

ずっと行きたかったオーガニックカフェ「BIOcafe」のランチです。

biocafe1.jpg
お店でも販売されているパンとフレッシュな野菜のサラダ

biocafe2.jpg
完熟夏野菜と木綿豆腐のクスクス
これにハーブティーもセットになっていて、
植物性のものばかりでも十分お腹いっぱいに。

メインディッシュはクスクス以外に「ベジミートの黒酢スブタ」や
「テンペと元気野菜のスチームオムレツ」等もありました。

スイーツやパンもとても美味しそうで、TAKEOUTしようかと思いましたが
この日は猛暑日・・・。炎天下持ち歩くことを考え断念しました。
次回のお楽しみにとっておきます~

BIOcafe
http://www.biocafe.jp/

こんなところに・・

東京での1コマ・・

友人との待ち合わせに向かう途中、
銀座でこんな趣きのあるビルを見つけました。
銀座ビル
ビル全体や1階のお店のイギリスを彷彿させる雰囲気に惹かれ
パチリ。

写真ではわかりにくいかと思いますが、「UNION WORKS」という
革靴(メンズ・レディース)と鞄の修理と販売のお店でした。

銀座のメイン通りしか通ったことのない私に
こんな出会いのチャンスをくれた友人に感謝。

東京にて

所用があり、東京滞在中です。
東京には話題のスカイツリーをはじめ、
観光スポットがたくさんありますが
博物館・美術館の多彩さも魅力のひとつ。

例えば、「東洋文庫ミュージアム」。
東洋文庫は岩崎久彌氏が1924年に設立した、
東洋学分野での日本最古・最大の研究図書館であり、
世界5大東洋学研究図書館の一つです。
東洋文庫外観

今回は残念ながら時間がなく来館できそうもないのですが、
圧巻なのは「モンスーン・ステップ」という名の階段を上がったところの
一面、本、本、本、のとても美しい「モリソン書庫」。
(こちらはこういった施設には珍しく、一部を除いて館内撮影可能なのです)

東洋文庫書棚
ずらりと貴重な本が並ぶ中、
数点がガラスケースに収められ
来館者が読めるよう、展示されています。

他の展示品も興味深いものばかりで、その内容もですが、
ビジュアルとして、東洋の文字や色も体感できる、
濃密な空間です。

最後におまけ・・
ミュージアムと併設レストランをつなぐ小径の両側に
アジア各地の名言が原語で刻まれております。
東洋ことば2
「財宝資産は奇術の類、学問知識は尊き黄金の壺」(ビルマ語)
 奥深いです・・。黄金の壺になるよう、自ら磨かなくっちゃ
プロフィール

vegetsubu

Author:vegetsubu
・ひょうご丹波黒まめ大使
・野菜ソムリエプロ
・雑穀アドバイザー
・発酵食スペシャリスト
・介護食士2級
野菜・雑穀・豆・発酵食を使った
料理教室を主宰。
生活に寄り添った「食冶」で元気に!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。